menuclose

スタッフブログBlog

子育てしやすいお家

日々の報告

こんにちは。

 

マイホームを検討するきっかけの

1つとなる“妊娠と出産”。

家を建てるお客様には

小さなお子様を持つ子育て世代が

もっとも多いとされています。

 

今回はそんな方々に向けた

「子育てしやすいお家創り」

について書いてみました。

 

▼リビング

家庭の中心となるリビング。

リビングをどの部屋からも

必ず通る空間にすることで

家族が顔を合わせる機会が増えます。

 

その結果、コミュニケーションが

自然と取れるようになります。

居心地の良いリビングにするためには

日当たりや風通しはもちろん❗️

ある程度の広さが必要ですよね。

 

リビングが狭いようであれば

家具を置きすぎない

小さな物にするといった

工夫が必要となります。

 

 

▼キッチン

小さな子どものいる家庭では

「リビング全体を見渡せるキッチン」

にすることがとても重要です。

料理や家事をしながらでも子どもから

目を離さずにすみます。

 

小さな子どもがいる

または子どもをお考えの家庭では

対面キッチンやアイランドキッチンを検討しましょう。

 

キッチンで料理を作りながら

子供と会話もできるので

とてもオススメです。

また、ゆとりのあるキッチンにすることで

将来自然と子どもが手伝いを

しやすいキッチンになります。

※写真の建物はこちらから詳しくご覧いただけます。

 

 

▼玄関

広い玄関があると重宝します。

子どもが小さい間は

靴を履かせてあげる必要がありますし

大きくなると部活動などで大きな

荷物を置くことも多いです。

 

前回のブログでお話ししたように収納庫

(荷物や子供の上着などがしまっておけるシューズクローゼット)

があるとより便利になります。

玄関は広めにとっておくのが

いいといわれていますね。

 

 

▼子ども部屋

子ども部屋をお考えの場合

子どもが複数人いる家庭でも

子供部屋を最初から

仕切らないほうが良いかもしれません。

後から仕切るのは比較的簡単ですが

最初から分けてしまうと壁を取り壊すのは大変です。

 

最初のうちは兄弟姉妹が一緒に遊べ

眠れるスペースにして

後から仕切ることで選択肢が広がりますよ。

 

仕切る方法は、壁をつくるだけでなく

ベッドや本棚などの家具によって

一部を仕切る方法もあります。

どんな仕切かたにするのか

将来子どもと一緒に考えて

作るという楽しみも増えるかもしれません。

オススメアイテム

ダイニング近くのカウンターデスク

最近では、ダイニングの近くに

カウンターデスクを設置して

リビング学習をする家庭が多いです。

 

小さな子供が1人で部屋に

籠って勉強するのは

集中力が続きません。

リビングでお母さんや

お父さんの近くにいることで

安心して勉強することができます。

 

分からないことがあれば

すぐに両親に聞く事ができるのもメリットです。

 

 

家事動線や間取りについてお悩みの事があれば、お気軽にご相談くださいね!

 

 

 

~最後にお知らせです~

 

sootoでは毎月家づくり相談会を開催しています。

ご相談からsootoの家づくりなど、いろんな話をさせて頂きます。

 

完全予約制ですのでこちらからお申し込みください。

また、zoomによるオンライン相談会も随時開催していますので、そちらもお気軽にお声がけください。

その他のスタッフブログ

資料請求はこちら