menuclose

スタッフブログBlog

『洗濯室のある暮らし』メリット&デメリット

日々の報告

こんにちは。SNS担当のNです。

今日は『洗濯室のある暮らし』についてお話しします。

ここのところ、かなり支持され始めている『洗濯のための独立部屋』

洗濯における、

洗濯機を回す →洗濯をその場で干す→ 洗濯をそのまま収納する

というこの一連の流れが『短距離』であるほど理想的!という方が微増中。 

さらに下記に、メリットとデメリットをまとめてみました。

【洗濯室のメリット】

・季節に関係なく物干しすることができる

・特に、梅雨や冬の乾きにくい時期は重宝。

・家族の混雑を回避することができる

【洗濯室のデメリット】

・床面積が大きくなる(コスト高)傾向

・通路の延長に作る場合は、洗濯物が見えてしまう(視線)問題がある。

→来客時はロールスクリーンなどで仕切ってしまうのもあり。

【大切なこと、まとめ】

[1] どこに干すのか

[2] どれほどの量を干すのか

[3] 干すのは、24時間干しっぱなしなのか、一定時間? 

[4] 余力があればこうやって、洗濯&物干し室を作ってあげると、 

いちいち来客の目線を心配しなくて良き。ただしコスト高にはなります。。。 

[5] 乾き感も変わるので、風と光が入る場所がいいですね 

[6] フリースペースとして有効に使えるようなら、一石二鳥ですね 

 

今からお家作りを考えているお客様には、洗濯室も選択肢のひとつとして提案させていただいております。

長くなりましたが、洗濯室について説明させていただきました。 

気になった方は是非、家づくり相談会でもお気軽にご相談ください。

 

その他のスタッフブログ

資料請求はこちら